採用情報

トップ > 採用情報 > 社員紹介

社員紹介

  • ライン長
    斉藤謙太郎
  • 担当
    中西彩華
  • 店長
    持田王義
  • 担当
    高橋未来
目標を持てば、あなたも成長できるはず。
任せてくれる社風があります。

―入社のきっかけは?
昼間の時間帯に働きたいと思ったことです。以前は飲食店で働いていたので、夜遅くなることも多かったんです。そこでシフト管理など前職の経験を活かせる仕事を探していたところ、この会社に出会いました。

写真―ライン長はどんなお仕事をしているのですか?
工場のある王子ユニット店と、受付のみ行っている大塚店と北大塚店を取りまとめています。実際の現場ではライン長としての仕事に加え、店舗全体の様子を見て品物の洗いや仕上げ、受付も担当します。ライン長になったのは2016年7月なのですが、これほど大きい規模の担当は初めてなのでワクワクしていますね。また、たんぽぽの店舗開拓事業のメンバーとして、他のユニット店も兼務しています。

―ライン長の前は何を担当していたのですか?
中板橋店という設備がひと通り揃っている店舗で店長をしていました。この店舗で店長をさせてもらえたお陰で、自分なりの売上げを伸ばすノウハウを固めることができたと思っています。

次のステージへ向かって

―入社6年目ですが、もうベテランといった感じでしょうか?
超達人!というわけではありませんが、仕事上でのコミュニケーションでつまずくことはなくなりました。たんぽぽで働く人は高校生から年上の方まで様々。それぞれの立場を考えて”仕事をする仲間”として接するための、自分なりのやり方が分かってきたんです。また、王子エリアに加え、新しいクリーニング屋も担当することになり、入社時に考えていた「運営・経営に関わる」ということが少しずつ実現し始めたことをとても嬉しく思っています。以前は自分の担当する店舗をどうするかだけを考えていましたが、現在は視野が広がり、会社をもっと成長させるにはどうしたら良いか考えるようになりました。

写真―未来の後輩へひと言
目標を持てる人やどんなことにも一所懸命になれる人は必ず成長できると思います。その目標というのは大それたものでなくても良いんです。例えばずっと同じ作業が続く時に「もう少し綺麗に仕上げたい」や「もっと早くできる方法を見付けたい」と思うとか、単純なことで構わない。クリーニングという仕事はゼロからスタートする人が圧倒的に多いので、できるようになるかはその人次第なんです。もし少しでも働きたいという気持ちがあるのなら私たちがしっかりサポートするので、安心してくださいね。

スタッフもお客様も優しい方ばかりです!
“預かる”接客

―入社のきっかけは?
学生時代にアパレル販売のバイトをしており、卒業後も人と関わる仕事がしたいと考えていたんです。たんぽぽは以前からお客として利用していたのですが、スタッフの接客が良く、自分も一緒に働きたいと思い、入社を決めました。

写真―現在のお仕事内容を教えてください
受付業務のほか、工場へ送るためのタグ付けや簡単な修理などを行っています。お客様の品物を預かるので、この仕事では細かい確認がとても大切。品物の状態をお客様と一緒に確認して要望をお伺いした上で、工場スタッフに詳しく伝えることが、お客様にご満足頂けるクオリティ高い仕上がりに繋がっているんです。現在は受付のみの店舗に配属されていますが、研修では工場付きの店舗で受付に加え、仕上げ作業なども行いました。その経験のお陰で業務全体の流れが分かり、他のスタッフがスムーズに作業するために自分はどう動いたらいいのかなども考えることができるようになったと思います。

専門知識をもっと身につけて、お客様に喜んでもらえるクリーニングがしたい。

―入社してみていかがですか?
もともと服飾の勉強をしていたので、素材やパーツの名称など知っていたこともありましたが、細かい加工など知らなかったことも多く、驚きや発見が沢山あります。入社時に「春は一年で一番忙しい時期だよ」と聞いていたのですが、予想以上に忙しかったことにも驚きました。大変ではありましたが、沢山のことを覚えることができて良かったと思います。

写真―今後の目標は?
接客の仕事経験があったので受付業務に関して不安はありませんでしたが、「これはどんな洗い方をしたらいいの?」などの質問を受けることも多いので、より細かい知識が必要だと感じています。そのため、もっと勉強してお客様の望む仕上がりをおすすめできるようになることが今の目標です!

―未来の後輩へひと言
働く上で人間関係が良いことはとても大切なことだと思います。たんぽぽは後輩を育ててくれる頼もしい先輩が多いので、とても働きやすいと思います。また、気さくに話しかけてくださる常連さんも多く、楽しい職場で働きたい方にもぴったりだと思いますよ。

少しでも興味があるなら飛び込んできてください!
もともとはアルバイトでした。

―入社のきっかけは?
アルバイトの時に先輩から声を掛けられたことですね。以前はラーメンの製麺所で働いていたのですが訳あって退職しまして、次の仕事までのつもりでたんぽぽにアルバイトとして応募しました。しかし当時は就職難の時期で求人も少なく困っていたところ、「コツコツ頑張っているしセンスも良いし、ウチで正社員にならないか?」と先輩から声を掛けてもらい、正社員になりました。

写真―上板橋店とはどんなお店ですか?
受付から洗い・仕上げまでひと通りできる通称“ユニット店”のひとつで、たんぽぽの1号店でもあります。オープンからの常連さんも多くて、お喋りをしにやって来る年配のお客様も多いんですよ。また、正社員・アルバイトを問わず社歴の長いスタッフが多く、技術もピカイチです!

―仕事を通してできるようになったことは?
触っただけで衣類の素材が何かだいたい分かるようになったことですね。それによって、品質表示タグが付いていない等取り扱いが難しい品物であっても、お受けできる場合も増えました。また、プライベートでも仕事で得た知識は活かせていて、自分の服は必ず水洗いOKのものだけを買っています(笑)。

店長として頼れる存在になります!

―ユニット店長になってみて、どうですか?
2016年の7月からユニット店長を任されているのですが、売上げのことを考えるのは大変です。店長としてまだまだ駆け出しですが、季節にあったキャンペーンや地域に合わせたセールを積極的に企画していきたいですね。現在は年末恒例の宝くじ配布キャンペーンをリニューアルするかどうか考えています。

写真―正社員とアルバイトの違いは何ですか?
やっぱり仕事における責任感の大きさだと思います。また、正社員はアルバイトさんにとって見本となる存在でもあるので、店長になった今、もっと気を引き締めないといけないなと感じています。

―未来の後輩へひと言
長く続けられるかどうかは相性や運もあるけれど、少しでも興味を持っているのなら取り敢えずでもいいのでやってみた方が良いと思います。実際私の場合、直感的にいいなと思って入ってみたら良い会社だったので、たんぽぽはおすすめです!!それと、アイロン掛けが上手くなりたい人は私のところへ来てください。アイロン掛けに関しては、たんぽぽトップ3…いや、ナンバー1の腕前なので!(笑)

アットホームな環境の中、毎日が充実しています。
とにかく楽しい!

―入社のきっかけは?
高校生の時にしていたクリーニング屋さんのアルバイトが楽しかったことを思い出し、またやりたいと感じたことです。たんぽぽを選んだ理由はWeb検索してすぐにこのホームページが出てきたから。それと家に近かったから(笑)。

―入社後の印象は?
経験させてもらえる仕事が沢山あるので、毎日楽しいです!高校時代のアルバイト先も工場付きのクリーニング屋さんだったのですが、アイロンなどの仕上げを担当することはなかったので、資格が必要な難しい仕事ばかりだと思っていました(笑)。

写真―どんな仕事を担当していますか?
主にアイロン掛けなどの仕上げを行っています。最近は上着を担当することが多いですね。また、工場の稼動が終わる夕方からは受付を行うこともあります。

―好きな担当は何ですか?
アイロン掛けです!!お客様にお渡しできるレベルになるまで1ヶ月くらい掛かりましたが、先輩がしっかりチェックしてくれたので着実に上達することができたと思います。

チームワークの良さを活かして働いています!

―高校生の時のクリーニング屋さんとたんぽぽの違いは?
細かいルールがしっかり決められていることだと思います。例えばタグの位置は品物の種類によって決まっているのですが、これが適当な位置に付けられていると他のスタッフがタグを確認するのに時間が掛かってしまったり、品物の情報がきちんと伝わらなくなってしまうんです。きちんとルールが決められているからこそ綺麗に仕上がるし、チームワーク良く仕事ができるんだと思います。

写真―チームワークが大切なんですね。ちなみに1着に何人が関わっているのですか?
上着で言うと7、8人くらいです。受付、タグ付け、洗い、干し、仕上げ、お渡しの準備…場合によっては染み抜きもありますし、他の店舗でお渡しの場合には集配スタッフも関わってきますね。

―未来の後輩へひと言
クリーニングという仕事に興味のある方なら、是非たんぽぽに来てください!チームワークも良く、イチから丁寧に教えてくれる先輩ばかりなので、入社して良かったと感じることができると思いますよ!

採用情報

店舗案内

採用情報